猫を片手に大体で生きる

猫と生きる適当な毎日のおはなしです。

タイムリープ

8月に仕事を辞めて、

暑いのキライ、

家に籠って本を読もう、

と読み損ねていた本に埋もれていたら、

いつの間にか猫がいつもくっついていて、

愛い奴め…とデレていたのですが、

何の事はない

気温が下がっていた。

奴は暖をとっていた。

私は半袖短パンのまま、

世界は秋になっていました。

f:id:eight-clouds:20160923184940j:plain